北川悦吏子のドラマおススメの5作品!無料で動画を見る方法は?

この記事は10分で読めます

2018年度の上期の朝ドラ「半分、青い。」の脚本は、

北川悦吏子さんが書いています✍

“恋愛の神様”とも呼ばれている、北川悦吏子さん。

今回の「半分、青い。」では、

どんなラブストーリーを見せてくれるのか、

今から楽しみです😊

ひさしぶりに北川悦吏子さん脚本のドラマを見て、

昔の作品もまた見たいな~と思った私。

ゴールデンウイークも近づいてきていますし、

まとめて見たい!

切なくなりたい!

泣きたい!

頑張る気持ちになりたい!

北川悦吏子さんの大ファンである私が、

今、尚、見たいと思う5作品について、

書いていきたいと思います!!

 


 

あすなろ白書

 

まず、1作品目は、「あすなろ白書」です。

 

1993年のドラマ。

 

この作品は、北川悦吏子さんのオリジナル作品ではなく、

 

柴門ふみさんの漫画が原作。

 

その原作に、だいぶ手を入れたようですが、

 

名作です✨

 

あらすじはというと・・・

 

女子大生・なるみを中心にした男女5人を描いた作品。

なるみと保の結ばれては離れる恋愛模様を縦糸に、2人を取り巻く恋や友情が横糸として絡まり合い、『あすなろ会』というサークルを通じ、恋愛と友情の狭間で、20歳の日々の苦悩や喜び、時間の経過の重さや大切さ等の、若さの証の全てを描いた青春群像劇。

↑引用元:Wikipedia

 

こう言ってしますと、あっさりですが、

 

当時の石田ひかりさんや、筒井道隆さん、

 

木村拓哉さんと鈴木杏樹さん、西島秀俊さんと、

 

めちゃくちゃ人気のメンバーが揃っていたんです。

 

今でも、このメンバーが揃ったら、すごいことになるなという感じ。

 

木村拓哉さんが、この作品で、ブレイクしたという人もいますね。

 

SMAPだったから、人気はあったのですが、

 

この「あすなろ白書」ですよ!!

 

あすなろ抱きですよ!!

 

あのセリフですよ!!

 

「俺じゃダメか?」

 

伝説✨

 

石田ひかりさん演ずる「なるみ」を中心に集まった仲間の恋模様なんですが、

 

切ないんです😢

 

こういう仲良し5人組みたいな中での恋は、

 

本当にツライ。

 

両想いの二人はいいですが、

 

まぁそれでもツライですが、

 

片想いとか、ひどくツライですよね。

 

片想いがいくつもある仲間。

 

西島秀俊さん演ずる松岡が、同性を好きになってしまうのも、

 

話題になりました。

 

ロケ地が、立教大学なんです。

 

最後の放送で、クリスマスツリーが映るのですが、

 

立教大学のツリーは素敵ですからね~🎄

 

憧れた~

 

なんか、若い頃の恋愛って、ひどくツラかったな、と。

 

振り返ると、本当に胸が痛いです。

 

中学・高校もツラかったですが、

 

あの大学1年の時の恋愛模様って、

 

あれ、何ですかね?💦

 

溢れるほど、恋愛だらけな毎日で、

 

しんどいことが山のようにあって・・・

 

でも、親友と話していて、

 

「いろいろあったけど、あれは青春だった!」

 

って結論!

 

青春・・・

 

青い春・・・

 

主題歌は、藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」

 

大好き!

 

そんな胸の痛い青春ドラマ「あすなろ白書」を見たい方へ。

 

このドラマは、無料の動画配信がないんです。

 

いや、厳密にいうとありますが、

 

危険です⚡

 

あすなろ白書、動画

 

で出てきます。

 

出てきますが、危険です。

 

パソコンやスマホがダメになるのを自己責任で、視聴してください。

 

いや、それは嫌だ、という私のような人!

 

「あすなろ白書」を無料で見れる方法は、

 

TSUTAYA DISCASのサービスを利用することです!!

 

>>入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!<<

 

DVDを選んで、注文すると、

 

ポストに投函してくれます。

 

1、2日くらいかかりますが、

 

忘れた頃に、届く感じ。

 

無料お試し期間がありますので、

 

そちらを賢く利用してみてください😊

 

愛していると言ってくれ

 

2作品目は、「愛していると言ってくれ」です。

 

豊川悦司さんと常盤貴子さんのラブストーリー。

 

1995年の作品です。

 

聴覚障害者の画家と女優の卵が、障害を乗り越えながら愛を深めるというストーリー。

↑引用元:Wikipedia

 

北川悦吏子さんの作品って、聴覚障害者が出てくるものが何作品かあって、

 

その最初の作品が、この「愛していると言ってくれ」なんです。

 

豊川悦司さん演ずる、榊晃次(さかきこうじ)が聴覚障害があるんです。

 

いろんなシーンがあって、

 

胸キュンだったり、胸が痛かったりします。

 

その中でも、私が印象に残っているのは、

 

耳が聞こえなくて、普段、声を出さない榊晃次が、

 

駅で常盤貴子さん演ずる、水野紘子を呼び止めるために、

 

言葉になっていないけれど、大声を発するんですね。

 

そして、言葉になっていないけれど、

 

紘子は、それに気づくんです。

 

なんか、もう切なくて切なくて。

 

学校に行くと、友達みんなが、

 

見た?

 

見た?

 

って感じでしたよ。

 

他にも名シーンはたくさんあって、

 

最後は、ハッピーエンドを匂わせて終わりますし、

 

ぜひ見てほしい!

 

主題歌は、DREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」

 

この年、一番のヒットになりました。

 

この作品を無料で見るには、

 

「あすなろ白書」で挙げた、TSUTAYA DISCASのサービスでも、

 

DVDは借りれます。

 

>>入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!<<

 

スマホで見たい!って方には、

 

今なら31日間、無料でお試しが可能なU-NEXTで見れます!!

 

全12話。

 

夢中になってください~

 

ロングバケーション

 

3作品目は、「ロングバケーション」です。

 

略して「ロンバケ」

 

1996年の作品。

 

ロンバケが社会現象になるなど、凄かったですね。

 

もう・・・ものすごかったですね!!

 

木村拓哉さんも山口智子さんも人気絶頂でしたね!

 

落ち目のモデル、葉山南は結婚式当日に婚約者が失踪してしまい、そのルームメイトだった冴えないピアニスト、瀬名秀俊とやむを得ず同居することになる。

婚約破棄で落ち込む南に瀬名は人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だと考えようと提案し励ますが、一方で瀬名も自分の才能に自信を持てず、後輩の涼子との恋もなかなか進展しない。

瀬名と南はトラブルだらけの同居生活の中で、次第にお互いがかけがえのない存在になっていく。

↑引用元:Wikipedia

スポンサードリンク

 

木村拓哉さんと山口智子さんの名前を挙げましたが、

 

他にも、竹野内豊さん、稲森いずみさん、

 

松たか子さん、りょうさん、広末涼子さんなど、

 

今となっては、主役級の俳優が終結したドラマ。

 

マンションの部屋から、スーパーボールで遊んだり、

 

(詳しくは、ドラマを見てください)

 

バーベキューの具に、納豆を入れたり、

 

そういう細かい設定が、すごく好きでした。

 

木村拓哉さんも山口智子さんも役に憑依していたみたい。

 

良い意味で!!

 

このドラマ、すごく盛り上がっていたので、

 

脚本にも注文がつけられていたようです。

 

終わった後で、北川悦吏子さんが語っていたのが、

 

山口智子さんが台本を読んで、

 

「南は、こんなこと言わないと思う」

 

って言ったって。

 

あと、最後のシーンをロンドンで撮影しているんですが、

 

スタッフの方たちも盛り上がっていて、

 

「SMAP全員映しちゃえば?」

 

って言った人がいたみたい。

 

その話の時、木村拓哉さんは、北川悦吏子さんに、

 

「それは違うよね」

 

って話をしたそうです。

 

当時の記憶なので、細かいエピソードは少し違うかもしれませんが、

 

なんか、役に憑依できるのって、

 

俳優にとって、幸せですし、すごいな、って。

 

素直に思います。

 

見てほしいシーンというか、

 

見てほしいのは全部通して、見てほしいんですが、

 

瀬名と南の微妙な恋心の様子を感じてほしいですね。

 

南が、

 

「瀬名とキスしに来た」

 

と言って、ベランダに来るシーン。

 

そして、二人は寝るわけですが、

 

その次の日になって、微妙な感じというか、

 

あ、寝なければ良かった、とも思うというか、

 

あのちょっとしたところを感じ取ってほしいです。

 

最後に、結ばれるシーン。

 

木村拓哉さんが、

 

「はいって言わないとちゅーするよ?」

 

って言うところ。

 

めっちゃ北川悦吏子ワールド!!という感じ。

 

見てほしいです。

 

主題歌は、久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」です。

 

ナオミキャンベルが、少し歌っているんですよね。

 

ナオミキャンベルって、スーパーモデルが流行った時代のモデル。

 

スーパーモデルっていう言葉を、今、聞かないですからね。

 

懐かしいなと思います。

 

この「ロンバケ」も、TSUTAYA DISCASのサービスで、

 

DVDが借りれます。

 

30日間の無料お試しがありますので、

 

このサービス、利用してみては?

 

>>入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!<<

 

私は、もう10年以上、TSUTAYA DISCASを利用しています。

 

近くにTSUTAYAが無いからなんですが、

 

自宅に届いて、返却もポストに返せばいい。

 

延滞金はなく、送料も料金に含まれているのが安心できます。

 

ビューティフルライフ

 

4作品目は、「ビューティフルライフ」です。

 

木村拓哉さんと常盤貴子さんのラブストーリー。

 

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。

↑引用元:Wikipedia

 

2000年の放送です。

 

このドラマも、障害を持った人との恋愛を描いた作品。

 

ネタバレしちゃうと、このドラマ、最後に常盤貴子さん演ずる杏子が亡くなります。

 

北川悦吏子さんのもとに、「杏子を死なせないで!」と手紙が届いたそうです。

 

でも、北川悦吏子さんは、最初から考えていた結末にしたんです。

 

亡くなった時のシーン、覚えていますよ。

 

木村拓哉さんが、常盤貴子さんにメイクをしてあげるんです。

 

死化粧です。

 

泣けて、泣けて。

 

別れは別れでも、死に別れは本当にツライ。

 

そういった意味で、「あすなろ白書」でも、

 

西島秀俊さんが演じた松岡が亡くなりますが、

 

切なさも一層です。

 

主題歌は、B’zの「今夜月の見える丘に」

 

B’z様!!

 

ちなみに、木村拓哉さんとB’zの稲葉浩志さんは、ご友人だそうです。

 

この作品「ビューティフルライフ」も、TSUTAYA DISCASのサービスで、

 

DVDのレンタルが可能です。

 

>>入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!<<

 

「あすなろ白書」の部分でも書いたのですが、おそらく、

 

ビューティフルライフ、動画

 

で、なにがしか出てくると思います。

 

ですが、それを見るのは、違法でもあるし、

 

あなたのパソコンやスマホになにか問題が起きてしまう恐れがあります。

 

どうしても見るというのなら、自己責任で。

 

私のように、何の問題にもならないように、見たい!

 

という人は、TSUTAYA DISCASを利用してみてください。

 

30日間は、無料お試しできますので。

 

この機会に!

 

>>入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!<<

 

オレンジデイズ

 

5作品目は、「オレンジデイズ」

 

2004年のドラマ作品。

 

妻夫木聡さんと柴咲コウさん主演。

 

どこにでもいそうな大学4年生・結城櫂(妻夫木聡) と、病気で4年前に聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女の子・萩尾沙絵(柴咲コウ)のラブ・ストーリーを軸に展開される、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマである。

↑引用元:Wikipedia

 

この仲良し5人組は、「オレンジ会」という名前が付けられています。

 

上記した二人の主演に、

 

成宮寛貴さん、白石美帆さん、瑛太さんという豪華な顔ぶれ。

 

この作品も、ヒロインは耳が聞こえないんです。

 

この記事の中で、2回目ですよね?

 

「愛していると言ってくれ」に続いて、なんです。

 

どうして、こんなに耳を聞こえなくしちゃうのかな?

 

と疑問に思ったんですね。

 

2018年上期の朝ドラ「半分、青い。」でも、

 

主人公は、左耳を失聴しています。

 

そうしたら、北川悦吏子さんご自身が、難病によって、

 

左耳を失聴されているんだと。

 

そうだったのか・・・

 

という衝撃ですね。

 

北川悦吏子さんご自身が、

 

この「オレンジデイズ」の柴咲コウさん演ずる沙絵のセリフに励まされたそうです。

 

こういうのも、書いていて、その役の人が言うのかな。

 

もう、勝手にセリフが出てくるのかなぁ。

 

脚本って、書いたことないのですが、

 

もう有名な脚本家の方って、どんどん頭の中で、

 

役が喋り出すとかそういう現象が起きるんですかね?

 

この「オレンジデイズ」で、印象的なシーンは、

 

妻夫木聡演ずる櫂が、沙絵に告白するシーン。

 

沙絵は、耳が聞こえないんですが、

 

そんな沙絵に向って、大声で告白するんですね。

 

で、周りの人が笑っているので、沙絵もそれに気づく、という。

 

青春ですが✨

 

あと、地味に、喧嘩のシーンで、

 

こちらも傷ついたりしながら見ていました。

 

キツイこと言うな~

 

喧嘩の時って・・・

 

このドラマ、私は好きだったので、こうやってご紹介しているのですが、

 

友人の中には、

 

「オレンジデイズ」は嫌い。

 

という人もいます。

 

「あすなろ白書」に続き、仲良し5人組の話です。

 

大学4年生。

 

最後の夏だったりするんですよね☀

 

成宮寛貴さんと白石美帆さんの恋愛模様も、好きだったな~

 

成宮寛貴さん・・・

 

元気なのでしょうか?

 

主題歌は、Mr.Childrenの「Sign」

 

この曲も、好きだったなぁ。

 

思い出しますよね。

 

その時のことを。

 

音楽って、素晴らしい✨

 

この「オレンジデイズ」も、TSUTAYA DISCASのサービスを利用して、

 

DVDをレンタルすることもできます。

 

>>入会日から30日間お試し!オンラインDVD&CDレンタル!<<

 

この作品を、スマホで見たい方には、

 

U-NEXTでのサービスがあります。

 

31日間、無料でお試しができますので、

 

利用してみるのもいいですね。

 

北川悦吏子さんの作品を5つピックアップしました。

 

ぜひ、休みにまとめてみて、泣いてください!

 

私も、また泣きます😢

 

涙活も大切。

 

以上!!

 

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る





スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール