戸邉直人の高校・大学について調査!博士号を取得した論文の内容は?

本記事では、陸上男子・走り高跳びの戸邉直人(とべ なおと)選手について書いています。

出身高校や大学、大学院で博士号を取得した論文の内容について調査していますので、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサードリンク

戸邉直人(とべなおと)の出身高校について調査!

陸上競技・走り高跳びで大活躍の戸邉直人選手。

戸邉直人選手は、

1992年3月31日生まれ

27歳です!(2019年8月現在)

スポーツ選手として、一番花盛りな年代・・・!

戸邉直人選手は、千葉県野田市の出身。

出身中学を調べると、

野田市立第二中学校卒業

野田市って、千葉県の最北西に位置しています。

中学の場所は、こちら↓



野田市立第二中学校出身者の有名人ですが、

落語家の春風亭一之輔さんがいますね^^

中学3年生の時に出場した全日本中学校陸上競技選手権大会で、1m94で優勝しています・・・!

すごい!

次に、出身高校ですが、

専修大学松戸高等学校卒業

です。

場所は、こちら↓



高校は、同じ千葉県ではありますが、松戸の高校に進んでいますね。

専修大学松戸高等学校の難易度って、気になりませんか?

調べてみました!

以下の情報は、すべて「みんなの高校情報」調べです!

専修大学松戸高等学校の偏差値は、62~72

と難易度は高いようです!

千葉県内の高校で、一番難易度が高い高校が、

渋谷教育学園幕張高等学校という高校なのですが、

偏差値76。

戸邉直人選手の出身高校は、千葉県内では、7番目に難易度が高い高校です。

戸邉直人選手は、頭も良い・・・!

専修大学松戸高等学校出身の有名人なのですが、

難易度が高い高校なので、有名人が多い・・・!

全員挙げるのは、多いので、スポーツ選手に限定して、書きますね^^

・安藤正則さん(元プロ野球選手)

・原嵩さん(プロ野球選手)

・小柳達司さん(プロサッカー選手)

・上沢直之さん(プロ野球選手)

・西山哲平さん(元プロサッカー選手)

・大上正人さん(プロゴルファー)

・渡邉大樹さん(プロ野球選手)

・浮氣哲郎さん(元サッカー選手)

専修大学松戸高等学校は、スポーツも強いので、プロになった方がたくさんいますね^^

文武両道!

素敵です^^

高校3年生の時に出場した、インターハイでは、2m18で優勝!

トキめき新潟国体では、2m23で優勝!(高校新記録!)

インターハイ&国体の2冠という偉業・・・!

凄すぎる・・・!

戸邉直人(とべなおと)の出身大学について調査!

戸邉直人選手の出身大学は、

筑波大学です!

国立!

しかも名門・・・!

場所は、こちら↓



実は、秋葉原から電車で45分というアクセスの筑波大学。

都内からでも通える距離なのですね!

もっと遠いイメージがありました・・・!

戸邉直人選手の進んだ学部は、公表されていないのですが、

おそらく、

筑波大学体育専門学群

かと思われます。

分かり次第、追記しますね!

筑波大学が名門であるのは、ご存知かと思いますが、

難しい度合いが伝わらないかと思い、偏差値を調べてみました!

以下、すべてベネッセマナビジョン調べです!

筑波大学の体育専門学群だと仮定すると、

偏差値67、と難易度高し。

同じ国立大学の東京大学は、

東京大学文科一類 80

で、他の文科二類・三類、理科一類・二類・三類もだいたい80くらいの難易度です。

東京大学に、スポーツ系の学部はないので、

私立ではありますが、スポーツ系の学部がある、早稲田大学を調査。

早稲田大学スポーツ科学部の偏差値は、69~71。

この偏差値を見ても、筑波大学の難易度が高いことが分かります^^

戸邉直人選手は、頭も良い・・・!

戸邉直人(とべなおと)の出身大学院について調査!

しかも、戸邉直人選手は、大学院まで進んでいます。

博士課程まで進み、博士号も取得しています^^

専門が、「コーチング学」なので、

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 コーチング学専攻

かと思われます。

陸上競技の練習もしながら、研究もしていたことを考えると、

とても大変だったのだろうと・・・><

何でもやり遂げる、素敵な人なんですね^^

論文を通すのも、大変ですから、

すごく頑張られたのが伝わってきます・・・!

戸邉直人(とべなおと)の博士号を取得した論文の内容について調査!

戸邉直人選手が、博士課程まで進まれて、卒業されていますが、

博士号を取得した、論文の内容って、気になりませんか?^^

調べてみました!

スポンサードリンク

「走高跳のコーチング学的研究」

↑引用元:https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/201902260030-spnaviow

テーマは、こちらだそうです↑

従来のスポーツ科学の研究では、あるテーマに絞って、何人かの被験者をもって統計的にどんな結果が出たかを見ているものが多いのですが、「コーチング学的」ということで、より実践を意識したような内容になっています。もちろん、従来(の研究で)やられていたような走高跳でより高く跳ぶためにどんな要素が必要かということを、何人かの被験者を使って統計的に調べたりもしましたし、その上で、自分のこれまでの競技力を向上させてきた過程の動作分析をして、何がそれに効いていったのか、トレーニング内容も含めて分析したような研究になっています。

↑引用元:https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/201902260030-spnaviow

研究内容が、戸邉直人選手ご自身の競技にも役立っていて、とても素晴らしいですね^^

分析→実践

この繰り返しが、戸邉直人選手の記録を伸ばしてきたのですね・・・!

自己分析をして、どんどん成長している戸邉直人選手。

今後の競技人生にも、プラスになること間違いなし!

すごく期待しているので、頑張ってほしいです!^^

来年の東京五輪でのメダルを期待しています!!!!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

戸邉直人の両親や彼女について調査!恩師との秘話やトレーニング方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です