萩野公介vs瀬戸大也「金メダルはどちらが?」男子400m個人メドレー 決戦は日本時間2016/8/7(日)10時AMから

この記事は4分で読めます

萩野公介vs瀬戸大也!決戦は日本時間2016/8/7(日)10時AMからNHK総合で!

見逃せない戦いにワクワクする。

 

萩野公介vs瀬戸大也

 

同じ年の二人が、世界の舞台で金メダルを争う。

NHKスペシャル 金メダルへの道「水の王者は俺だ~萩野公介と瀬戸大也~

萩野公介(21歳)

・・・金メダルに一番近い男


出典 http://www.hirairacingteam.jp/swimmers/active/KosukeHagino.php

 

 

瀬戸大也(22歳)

・・・勝負強さは抜群。

「負ける怖さは、ない」と断言。


出典 http://www.descente.co.jp/company/press_releases/14335.html

スポンサードリンク


 

水泳競技の中で、最も過酷だと言われる、400m個人メドレー。

 

この勝負を制した者は、

「King of Swimmer」

と呼ばれる。

萩野公介のプロフィール

 

東洋大学4年生。

水泳部キャプテン。

 

平井伯昌コーチのウェブサイトはこちら↓

http://www.hirairacingteam.jp/swimmers/active/KosukeHagino.php

 

マイペースな性格。

そのテクニックで、世界レベルのパフォーマンスができる。

 

子どもの時から、敵はいず、

己との孤独な戦いだった。

過去のKing of Swimmerは?

 

アテネ・北京オリンピックで金メダルの

“水の怪物”マイケル・フェルプス

 

ロンドンオリンピック金メダルの

“41個の金”ライアン・ロクテ

 

この二人を見ても、

高い技術と、圧倒的なパワーを持つ者だけが、

オリンピックを制してきた。

 

水泳界のレジェンド“北島康介”も注目!

 

アテネ・北京オリンピックで、合計4つの金メダルを勝ち取った、

北島康介。

 

その北島康介が、ワクワクしている。

 

「オリンピックで日本人が金メダルをかけた戦いを二人でする」

 

それが、どれだけ特別なことなのか・・・

 

萩野のタイムは、すごい!

 

400m個人メドレーの世界ベストテン(ロンドンオリンピック後)で、

1位から4位を萩野が独占している。

 

萩野は、

「自分の泳ぎをするだけ。

(夢を)実現する時が来たと思って、ワクワクしている」

と語っていた・・・

 

萩野の強さは、「ボディーポジションの高さ」と専門家。

 

一般の選手より、5センチ、ボディーポジションが高く、

スピードが出しやすい。

 

“モーターボード技法”と呼ばれる。

 

萩野は、タイムへの強いこだわりを持っていて、

1日に10km以上は、泳ぐ毎日。

 

同世代に敵はいなかった。

ライバルは、自分自身だった。

人に興味がないと語り、孤独な戦いをしていた・・・。

 

平井伯昌コーチは、こう語る

 

北島康介らを育てたことで有名な、平井コーチ。

 

「(萩野公介は)チャレンジすることに対して、壁がない。

何で、こんなに努力できるのか、驚く」と。

 

勝負強い、瀬戸大也

 

だが、ここにライバル出現!!

 

2012年 世界短水路選手権

2013年 世界選手権

2014年 世界短水路選手権

2015年 世界選手権

 

すべて自己ベストを更新し、優勝!!

 

「大きい舞台は、大好き。

負ける怖さはない」と語り、

 

萩野公介を追いかける中で、強さが育まれてきたと。

 

そして、

「すげ~と思って。

でも、勝とうと思ってた」と、瀬戸大也。

 

“常に2番”であったが、

“不屈の”瀬戸である。

 

4年前のロンドンオリンピックで、

萩野公介は、銅メダルに輝いた。

 

瀬戸大也は、ロンドンオリンピック選考レースで負け、

舞台に立てなかった。

 

ライバルは“萩野公介”

 

瀬戸大也は、

萩野公介に勝ちたいという強い気持ちから、

攻めの泳ぎに変えていった。

 

バタフライでは、普通、1回のスクロールに1回、息継ぎをする。

 

瀬戸は、それを、2回に1回に減らし、速さに変えた。

 

2013年の世界選手権で、結果が出る・・・

 

瀬戸大也、優勝!!

 

萩野公介、5位・・・

 

萩野、骨折からの焦る日々

 

2015年7月、

萩野公介は、自転車で転んで、

右ひじを骨折する・・・

 

2015年の世界選手権では、

瀬戸大也が優勝するが、そのレースを見れなかった・・・

 

リハビリ4ヶ月・・・

 

焦る日々・・・

 

11月に、練習を再開する。

 

平井コーチ、激怒!萩野公介には、“心”が足りない!!

 

オリンピック代表の内定を手にしている、瀬戸大也に、

強さを見せつけるレースをしなければならなかった・・・

 

2016年1月の東京選手権。

 

しかし、甘いレース展開・・・

 

このレースを見て、平井コーチが激怒。

 

「(萩野公介には、)心技体の、“心”が足りない!!」

 

と説教。

 

勝負に対する姿勢、

メンタル面の弱さを責めた。

 

萩野は、自分の気持ちの甘さに気づき、

泳ぎに変化が。

 

タイム重視から、「ライバルを倒す!」ことに気持ちが向くように。

 

2016年4月の日本選手権で、

タイム、内容共に、相手(瀬戸大也)を圧倒!!

 

強さを掴んだ。

 

二人の、今の気持ち

 

萩野公介・・・

「オリンピックという舞台は、1対1の勝負になって、

人間と人間との勝負になる。

 

オリンピックの決勝の舞台で、

一番になりたい気持ちが素直に強い」

 

瀬戸大也・・・

「まだ(萩野)公介と世界の舞台で

ワンツーフィニッシュをしたことがないので、

初オリンピックで、すべて初になったら、

すごく嬉しい。

それが何よりの楽しみ」

 

最高の舞台で、

水の王者を目指す!!

 

【速報】

萩野公介、金メダル!!

瀬戸大也、銅メダル!!

ワンツーフィニッシュにはならなかったですが、

好成績!!

 

拍手をおくりたい!

【関連記事】

【リオオリンピック】吉田沙保里、4連覇へ!!霊長類最強伝説は続く・・・決戦は2016/8/18(木)夜、19(金)早朝

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る





スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール