城山正太郎の中学・高校時代の成績を調査!大学から現在までの記録もまとめてみた!

本記事では、陸上・走り幅跳びの城山正太郎(しろやましょうたろう)選手の

・中学時代の成績

・高校時代の成績

・大学時代の成績

・大学卒業後~現在の成績

をまとめています!

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

城山正太郎のプロフィール

城山正太郎(しろやましょうたろう)選手のプロフィールをまとめてみます^^
  • 生年月日:1995/3/6(24歳 ※2019年9月現在)
  • 出身地:北海道函館市
  • 出身校:函館市立南本通小学校→函館市立本通中学校→函館大学付属有斗高等学校→東海大学(北海道キャンパス)
  • 所属:ゼンリン
  • 身長&体重:178㎝/65㎏(微差はあるかと思います)
北海道の函館生まれ、函館育ち!

今現在も、北海道を拠点にしている、生粋の道産子です!

東海大学の北海道キャンパスって、札幌市にあるんですね。

函館は、今、北海道新幹線が通りましたから、東京から4時間で着きますよ!

行ってみたい!

城山正太郎の中学・高校時代の成績を調べてみた!

城山正太郎選手の中学時代の成績を書きますね。

中学は、上記しましたが、

函館市立本通中学校

です。

中学時代の競技の成績ですが、ごめんなさい、情報がなかったです・・・m(__)m

というのも、城山正太郎選手は、小学生の頃から、短距離走をやっていたのですが、

走り幅跳びへ転向したのが、

高校一年生の時、なんですね。

小学校・中学時代の100mのタイムの情報が、今のところ見つからず。

見つけ次第、追記します!

続いて、高校時代の成績!

高校は、函館大学付属有斗高等学校に通っていました!

上記したように、高校一年生の時に、走り幅跳びを始めた、城山正太郎選手。

高校時代の成績としては、

「国体で、7m31を跳んで、5位!」

という情報があります。

高校2・3年で出場したインターハイでは予選落ちしたようなので、

その後に、伸びたんですね!

城山正太郎の大学~現在の記録をまとめてみた!

ここで、いきなりこのTwitterを載せてみます!

 


世界記録は、8m95!!!!!

なんですね。

1991年の記録が未だに破られていないという・・・!

といったことを踏まえた上で、城山正太郎選手の、大学時代から現在までの記録をまとめてみます!

あと、2019/8/17の「Athlete Night Games in FUKUI – FUKUI 9.98 CUP –」でのこの試合は素敵です↓

 

スポンサードリンク



さて、城山正太郎選手の大学時代から現在までの記録をまとめてみると、

上のInstagramで引用した大会の、8m40が自己ベストです。

2013年→大学入学

2014年(大学二年)→7m70を跳んで銅メダル!(第16回アジアジュニア陸上競技選手権大会)

(同じく2014年)→7m83を跳んで銅メダル!(第15回世界ジュニア陸上競技選手権大会)

2016年(大学四年)→7m96で優勝!!!!!(日本学生陸上競技個人選手権大会)

2017年に、ゼンリンに入社しますが、拠点は北海道!

北海道愛が深い城山正太郎選手、素敵です^^

2018年→7m98で5位!(ジャカルタ・パレンバアジア競技大会)

そして、2019/8/17に、8m40の日本新記録を叩き出したんですね!

この記録は、1992年の森長正樹さんが出した8m25、以来の更新です!

大学に入学してから、グングン記録が伸びている印象がありますね・・・!

この勢いのまま、2020年の東京五輪まで跳んでほしい!

「跳ぶ」って漢字、好きです。

人間としても飛躍する感が字から出てる^^

「跳ぶのが好き」と公言している城山正太郎選手。

好きなことは、伸びますから!

じゃんじゃん記録を伸ばしてください!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

橋岡優輝の中学・高校時代の走り幅跳びの成績がこちら!大学での記録もまとめてみた!

橋岡優輝のかっこいいと話題の筋肉の画像がこちら!横浜流星と似ているか画像で比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です