コロナの影響で公共料金が猶予される対象の家庭(人)の世帯収入はいくらから?期間はいつからいつまで?

本記事では、新型コロナウイルスの影響で、公共料金が猶予される

対象となる家庭(人)の世帯収入はいくらから?

期間はいつからいつまで?

について書いています。

コロナウイルスの騒ぎも長引いていますね。

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク


コロナの影響で公共料金が猶予される対象の家庭(人)の世帯収入はいくらからなのか?

 


安倍政権は、公共料金の支払いの猶予を指示しました。

では、世帯収入がいくらの人が、猶予されるのでしょうか・・・?

今週中(2020/3/22まで)には、判断する方針とのことなので、詳細の決定を待ちますが、

生活に支障が出る世帯とのことなので、

契約社員や派遣社員で時給でお給料を貰っていて、仕事が減る・減った人

フリーランスとして仕事をしている人

が挙げられます。

社員ではなくても、アルバイトをして生活している人

も含まれるでしょう。

世帯収入がいくらか?というよりも、生活が苦しくなるほど収入が減った世帯に対して、猶予されそうです。

詳細が決まり次第、追記します。

コロナの影響で公共料金が猶予されるのはいつからいつまで?

この記事を書いているのは、3月19日ですが、

昨日出た報道ですと、

1ヶ月間の猶予

とありました。

ただ、延長も有り得る、ともありました。

コロナの騒動の終息が見えないので、ただ1ヶ月、支払いを猶予されてもなぁという気持ちになります。

政府の発表を待ちますが、今のところ、

1ヶ月の猶予

との報道があります。

なので、4月末や5月からは、支払いをすることになりそう。。。

 

公共料金が猶予されることに対しての世間の反応まとめ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です