2016/2/3ためしてガッテン「あなたのセキは大丈夫?止め方&見分け方」

この記事は2分で読めます

セキでお悩みの方、必見!

セキは、体力を使いますし、辛いもの・・・

その、あなたのセキは大丈夫なセキ?

深刻なセキ?


セキをする仕組み

まずは、セキをする仕組みをご説明します。

 

気道に異物・病原体が入る

→気道の粘液がキャッチ

→セキセンサー発令①声門を閉じる

②横隔膜が上がる

→セキが出る

 

セキは、肺から異物・病原体を追い出すために出ることがわかります。

セキは、強烈な風圧で(風速17m/s)異物を吹き飛ばします。

 

見出し「痰(たん)から病気がわかる」

 

セキをした時、一緒に出るもの・・・

そう、痰(たん)です。

 

痰から、病気がわかるのです。

スポンサードリンク

泡状の痰(たん)が出た場合

泡状の痰が出て、ひっかかるような音がする場合、心不全の疑いがあります。

 

肺に水が溜まっている状態です(肺水腫)。

夜、横になると下半身の血液が一気に心臓の方に戻ろうとします。

でも、心臓が弱っていて、血液が受け入れられない。

すると、心臓の手前にある肺で血液が停滞します。

血液の圧力が増えると、肺胞に水が染み出していきます。

 

夜中にセキが激しく、起き上がると呼吸が少し楽になる、泡状の痰(ピンク色の場合も)が出るなどの症状がある方は、要注意です!!

 

高血圧の既往があるなどの症状があり、このセキが出たら、循環器内科の受診を!!

黄白色の痰(たん)が出た場合

黄白色の痰が出た場合、副鼻腔炎の疑いがあります。

 

副鼻腔炎とは、風邪の後などに起こる鼻の中の炎症で、「後鼻漏(こうびろう)」とも呼ばれます。

 

後鼻漏(こうびろう)の場合、夜、寝ている間に膿が溜まり、朝方まとまった量の痰が出ます。

耳鼻科の受診を!!

痰(たん)は、“宝”???

このように、痰は、「汚い」と思われがちですが、肺の情報を持ってきてくれる、“宝”なのです!(医者にとっては、特に)

 

透明の痰

→正常な痰

 

以下は、注意を!!

緑色の痰

→重い気管支炎の炎症

気管支肺炎・気管支拡張症に感染を伴うもの

さび色の痰

→肺炎球菌性肺炎

白に赤い点がある痰

→肺がん

肺結核など

セキから疑う病気

セキが出たら、以下の病気を疑ってください。

 

①喘息

②後鼻漏(こうびろう)

③胃の病気(胃食道逆流症など・・・胃液が気管に入り、酸の刺激で生じる)

大事なこと

痰が伴うセキは、止めてはいけません。

セキや痰は、肺のSOSのサインです。

止めるよりも、原因を探ることが大切です。

痰(たん)を楽に出す方法~パフィング~

「パフィング」とは、もともと「ハフィング」だった、痰を楽に出せるように、医師が考え出した方法です。

 

「ハ」よりも「パ」の方が、強く息を出せることから、「パフィング」と呼ばれるようになりました。

 

「ハフィング」のやり方ですが、

https://www.kango-roo.com/sn/m/view/246

↑こちらにも動画があるので、参考にしてみてください。

 

最後に・・・セキに効くハチミツ❤

セキが辛い・・・

そんな時は、ハチミツをどうぞ。

 

子どもには、寝る前に、お湯で半分程度に薄めて、スプーンですこしずつ飲ませてあげてください。

※1歳未満の子どもには、ハチミツは与えないでください

 

大人には、コーヒー1杯にハチミツを小さじ2杯入れてどうぞ。

カフェインの効果もあり、楽になります。

まとめ

セキは、止めずに、原因を探りましょう!

痰は、病気のサイン!チェックをしましょう!

 

以上です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る





スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール