嵐「愛を叫べ」は、真央潤への歌?いつ結婚する?

この記事は3分で読めます

嵐のニューアルバム「Are You Happy?」が、2016/10/26に発売ですね!

 

楽しみです。

 

その「Are You Happy?」の中に入っている、

 

シングル「愛を叫べ」について、気になったことがあるので、書きますね。

 



スポンサードリンク

「愛を叫べ」は、ゼクシィのCMソング!

 

「愛を叫べ」は、2015/9/2発売の、嵐47枚目のシングル。

 

ゼクシィのCMソングになりました。

 

なので、ウエディングソングです💒

 

ゼクシィ向けに書かれた歌なのですが、

 

「これ、真央潤のこと?」

 

と話題になっています。

 

「愛を叫べ」の気になる歌詞とは?

 

「愛を叫べ」が、真央潤のことを歌っているのでは?と思う部分の歌詞を書きますね。

 

思えば長い付き合いだけど

(今日は)世界中の誰よりも綺麗だぜ

 

長い付き合い・・・

 

ドラマ「花より男子」が放送されたのが、2005年。

 

ドラマ「花より男子2(リターンズ)」が、2007年。

 

映画「花より男子F(ファイナル)」が、2008年。

 

真央潤が、どの時期から付き合っていたのかはわかりませんが、

 

長い付き合いですよね。

 

懐かしいなベイベー

たちまちスティルセブンティーン

やっぱりスーパーレディー

変わらない

高嶺の花だぜ

スポンサードリンク

 

これも、花男にも当てはまりますよね。

 

つくし(井上真央)は、17歳だったし。

 

高嶺の花・・・ではないけれど、

 

道明寺と花沢類に、好かれていた、スーパーレディーだったし。

 

話がそれますが、この間、友人と、

 

「道明寺と花沢類、どっちがいいか?」

 

という話に。

 

俺様の道明寺と、ピンチの時に助けてくれる花沢類。

 

これ、難しくないですか?

 

私は、花沢類がいいけれど、道明寺に惹かれる気持ちもわかるし、

 

牧野つくしは、道明寺じゃなきゃダメだったし。

 

友人と、今の現実の、“道明寺”と“花沢類”についても話したのですが、

 

どっちがいいんですかね?

 

これ、女子の泊まりの際には、めちゃ盛り上がるので(笑)

 

話すのおススメです!!

 

真央潤は、いつ結婚する?

 

「愛を叫べ」が、嵐のメンバーから、真央潤へ贈る歌かどうかはわかりませんが、

 

真央潤は、いつ結婚するのでしょうか???

 

もう10年も付き合っていて、今か今かと言われ続けていた真央潤。

 

本当は、今年、2016年の2月が有力視されていました。

 

ただ、あのSMAPの解散騒動・・・

 

あの時期に、松潤に結婚されたら困る、という判断だった様子。

 

ファンも、お祝いモードのよう。

 

井上真央ちゃんの好感度が、高い!!

 

そして、今、噂されているのが・・・

 

2017年1月👰

 

1月9日が、井上真央ちゃんの30歳の誕生日!!

 

というのが理由です。

 

井上真央ちゃんは、

 

「30歳までに結婚したい」

 

と言っていたんだそうで・・・

 

私は、嵐好きだし、井上真央ちゃんも好きだし、

 

応援します!!

 

ジャニーさんも、事務所辞められたりするのが怖いらしく、

 

もう無理に止めない様子。

 

10代の子たちとかから見ると、

 

嵐は、おじさんだそうで・・・(涙)

 

「もう結婚していいよ~」

 

というファンもいて。

 

結婚して、幸せになるジャニーズが増えてもいいと思う!!

 

2015年11月に、国分太一くん(TOKIO)が結婚しましたが、

 

会見も、ファンへの報告も、100点満点だったようで、

 

「神対応」✨

 

と言われています。

 

松潤も、ジェントルマンですから✨

 

カッコいい対応を頼みます。

 

応援してるよ!真央潤!!

嵐のメンバーは、結婚式で、どのウエディングソングを歌うのか?

 

嵐は、ウエディングソングを何曲か持ってますからね。

 

松潤に対して、何を歌うのかな~~~🎶

 

もちろん、この「愛を叫べ」でもGOOD👍

 

*まとめ*

 

嵐の「愛を叫べ」は、ウエディングソング💒

 

松本潤と井上真央への曲かは不明ですが、

 

2017年1月に結婚しそう!!という噂!!

 

幸せになって!!

 

幸せになろう!!

 

以上!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る





スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール