ベトナム航空の評判はどうなの?空港、機内食は?

この記事は4分で読めます

2016/11/5(土)から9(水)まで、ホーチミンに行ってきました!

 

成田空港から、ベトナム航空でのフライト。

 

ベトナム航空って、どうなの?

 

機内食は?について、書きたいと思います。

 

airplane

↑引用元:http://firstski.co.jp/airline/2014/07/17/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E8%88%AA%E7%A9%BA%E3%80%81%E6%88%90%E7%94%B0%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%8A%E3%83%B3%E7%9B%B4%E8%A1%8C%E4%BE%BF%E5%B0%B1%E8%88%AA/

スポンサードリンク

ベトナム航空って、どうなの?

2016/11/5、VN303便。

 

成田空港、19時発でした。

 

夜、たって、夜中にホーチミンの「タンソンニャット空港」に着きました。

 

成田空港で、乗り込むも、1時間ほど飛び立たず・・・

 

そして、なぜか、すごく暑い機内・・・

 

気分が悪くなりました・・・

 

夜、寝ながら行けるのかと思いきや、全然眠れず・・・

 

機内アナウンスは、ベトナム語と英語のみで、

 

「何かあった時、逃げられない・・・」

 

と不安げな、相方。

 

帰路では、一人だけ日本人のCAさんがいましたが、

 

基本的に、英語です。

 

土曜日に出発だったのですが、

 

3人掛けの席を2人で使えました。

 

なので、相方は、お尻を乗っけて横になれました。

 

ただ、シートベルトをしながら横になったので、

 

「苦しかった・・・」

 

と相方。

 

私は、U字の枕で、座って寝ました。

 

このU字枕ですが、やはり安いものは、寝にくいですよ。

 

相方のU字枕は、100円ショップで購入したのですが、

 

首が絞めつけられるような感じで、苦しかったよう。

 

機内で使う前に、家で試してみるのがおすすめです。

 

機内では、とにかく、喉が渇きました。

 

何度「Water、Please・・・」と言ったか、わからないほど・・・

 

約5時間のフライト。

 

ヨーロッパや、アメリカに行くよりは負担は少ないですが、

 

やはり疲れます。

 

フットレストハンガーも持ち込みましたが、面倒で使わず。

 

席は、リクライニングシートとはいえ、ほぼ直角です。

 

腰、首がつらかった・・・

 

機内食は、おいしいの?

さて、機内食についてですが、

 

ベトナム航空の機内食は、「おいしい」と評判な様子。。。

 

え・・・

 

これ、写真を撮ってくれば良かったと思ったのですが、

 

何しろ、

 

肉が硬い!!!!!

 

行きの、牛の味噌カツ、

 

帰りの、ベーコンは硬くて、食道につまり、吐きそうになるほど・・・

 

冗談抜きで、食道が痛くなりました・・・

 

嚙み切れないんですよ。

 

飲み込むしかなくて、苦しかったです。

 

基本的に、ベトナムの肉は、噛み切れません。

 

何の肉なんでしょうか・・・

 

ドリンクについては、アルコールも充実していました。

 

私も相方も飲まないのですが、

 

ウイスキーをぐいぐい飲んでいる人もいましたよ。

 

カクテル類も充実。

 

ワインも。

 

映画は、どう?

 

スポンサードリンク
機内で、映画の放映は2回ありました。

 

私と相方は、イヤホンを借りなかったので、わからなかったのですが、

 

同じツアーに乗っている人が、

 

「イヤホンを差しても、聞こえなかった・・・」

 

と!

 

字幕は、ベトナム語でした。

 

ので、わからず・・・

 

日本語もつけてください・・・

 

ホーチミンの空港はどんな感じ?

 

めちゃきついフライトを終えて、やっとこさ着いた、

 

「タンソンニャット空港」。

 

まず、暑い・・・

 

台風がちょうど来ていて、蒸し暑かったです(汗)

 

気になるのが、入国の手順ですよね。

 

これは、

 

入国審査(イミグレーション)



荷物の受け取り



税関検査



到着ロビー

 

の順番です。

 

入国審査では、何が聞かれるか、不安な方もいるかと思いますが、

 

何にも聞かれません!!

 

だから、大丈夫です。

 

そして、荷物の受け取りですが・・・

 

今回、私と相方は・・・

 

荷物が出てこず・・・

 

まさかのロストバゲージ・・・

 

空港の職員に、必死に訴えると、違うターンテーブルから出てきました。

 

ほっとした~

 

そして、税関を通り(ただX線を通すだけです)、

 

到着ロビーへ。

 

現地のガイドさんが待っていてくれたので、ホテルへ。

 

市内まで30分くらいでした。

 

帰路は?

 

 

帰路は、ホーチミンの「タンソンニャット空港」発、

 

朝の6:35でした。

 

VN302便。

 

ホテルで、お弁当をもらって(無料でした)、空港で食す。

 

水は、持って入れないので、X線を通す前に、お弁当食べました。

 

水は、中に入ってから、買いましたが、

 

500mlで40000ドン(200円くらい)と、高い!

 

でも、仕方ない・・・

 

帰路の機内では、最初に水蒸気がファ~~~っと出て、

 

行きよりは過ごしやすかったです。

 

やっぱり暑かったですが。

 

日本に着いてしまえば、税関こそありますが、

 

日本語ですので、大丈夫。

 

深夜着、早朝発の、正味3日間の旅行でしたが、

 

総合的に楽しかったです!

 

やっぱり日本がいい!(笑)

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る





スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール