聖火ランナーになりたい!どうすれば?@東京オリンピック2020

この記事は4分で読めます

2017/4/10からの週の、朝ドラ「ひよっこ」で、

 

聖火リレーのことが話題になっていますね🔥

 

ひよっこは、1964年の東京オリンピックの時の話ですが、

 

そういえば、2020年の東京オリンピックの聖火ランナーって、どうやって決めるんだろう?

 

と疑問に思ったので、調べてみました~

 

日本で開催されるオリンピックに参加したい人は多いはず!

 

聖火ランナーもいいですよね~😊


聖火ランナーは、どうすればなれる?

 

こちらの情報は、長野オリンピックの時のものですが、参考になれば😊

 

・各都道府県聖火リレー実行委員会からの推薦

 

・聖火リレースポンサーからの推薦

 

・一般公募

 

・国際プログラムによる外国人

 

・学校を通じた高校生など

 

・テレビ局などメディアとのタイアップによる話題性のある者の推薦

 

↑引用元:「2020年東京五輪に参加するために読む本」日本文芸社

 

 

いかがでしょうか?

 

狙い目なのは・・・

 

一般公募!!ですね🔥

 

長野オリンピックの際には、

 

聖火リレースポンサーのコカ・コーラによって、

 

2回にわけて、おこなわれたそうですよ。

 

まだ、スポンサーは決まっていないようですが、

 

2020年の東京オリンピックのスポンサーに選ばれるのが近道なようですね!

スポンサードリンク

聖火ランナーとしての条件は?

 

こちらは、「北京2008オリンピック聖火リレー自治体実施計画ガイド」からです。

 

・平成20年8月8日現在、満14歳以上の方

(18歳以下の場合は保護者の同意書が必要)

 

・聖火を掲げて250メートル(1区間)程度の距離を2分で走ることができる方

 

・聖火リレーは、実行委員会によって決められた区間とします。

 

・指定された区間を、指定された時間に、指定された伴走者(エスコートランナー)と走っていただきます。

 

・聖火ランナーとして自分が走る以外にも、他の聖火ランナーにご協力いただきます。

 

・聖火ランナーとして走るときは、配給されたユニホームを着用してください。

広告等を身に付けることはできません。

 

・聖火ランナーとして走るときは、政治的若しくは宗教的なアピールをしてはいけません。

 

・聖火ランナーとして走るときは、突飛な髪型、顔面装飾、派手なアクセサリー類を身に付けることはできません。

 

・配給されたユニホームは、変更することはできません。

(サイズ変更のみ可)

 

・聖火ランナーとして走るときは、スポーツシューズを履いてください。

ローラーブレード等は使用できません。

 

・聖火ランナーとして走るときに車椅子が必要な方は、各自でご用意ください。

 

・聖火ランナーとして走るときは、聖火リレーとオリンピックムーブメントの発展のため、無償で写真や映像をとられたり記録されることに同意いただきます。

 

・聖火ランナーとして走るときは、特別な介助犬を除き動物を伴って走ることはできません。

スポンサードリンク

 

 

いかがでしょうか?

 

奇抜なことをしない限り、この条件って、クリアできそうですよね?

 

スポンサーによる一般公募の一次募集は、長野オリンピックの時、こうだった!

 

長野オリンピックの際の、コカ・コーラによる1997年の一次募集では、

 

各都道府県から1人ずつを選び、47人の聖火ランナーが誕生しました!

 

応募者は、8,000人を超えていたので、狭き門ですね。

 

希望者は、「長野オリンピック聖火リレーにかける想い」を、

 

簡潔な文章で記して応募したよう。

 

東京オリンピック2020の聖火ランナーになりたい人は、

 

熱い熱い想いをぶつける準備をしておくといいかもしれませんね😊

 

一次募集がダメでも、二次募集があるかも?

 

8,000人超が応募して、47人が選ばれるのを聞くと、

 

あ~狭き門だなぁ~

 

と思いますが、一次募集だけでなく、二次募集があることも!

 

これも、長野オリンピックの時ですが、

 

二次募集では、夫婦、親子、友人など2人1組で募集。

 

各都道府県から、6組ずつ282組・564人が選ばれました!

 

二次募集では、人数がだいぶ増えたんですね!

 

この二次募集の際も、

 

「2人がなぜ聖火リレーに参加したいか」

 

を書いた簡単な文章を送ったようです。

 

「なぜ2人で走りたいのか」

 

をどのように表現しているかを選考基準としたよう。

 

熱い想いを抱いているランナーが選ばれるんですね!

 

今から、文章を練らなくちゃ!

 

聖火トーチの構造は?豆知識!

 

トーチは、環境面への配慮、走者の安全性などを考え、

 

プロパンガスを使用した燃料装置の開発・製造をガス燃焼器具メーカーに依頼したそうです。

 

プロパンガスは二酸化炭素の発生が少なく、取り扱いが楽だったからです。

 

トーチの長さは55センチ、重さは1.3キロのアルミ製で、

 

車椅子にトーチを固定できる専用のトーチホルダーも製作したそうです。

 

↑引用元:「2020年東京五輪に参加するために読む本」日本文芸社

聖火が消えた場合はどうするの?豆知識!

 

聖火トーチの火が消えたらどうするのか?

 

長野五輪の際には、聖火を種火の状態で保管できる聖火灯を製作したようです。

 

燃料は白灯油で、1回給油すれば22時間燃え続けます。

 

聖火リレーの最中は、聖火灯に種火をともし続け、聖火トーチの火が消えたら、キャラバン隊スタッフがすばやく対応して、聖火リレーが続行できました。

 

なお、ギリシャから日本への輸送に対しては、空路で安全に聖火を運ぶため、

 

カイロ状の聖火輸送器を製作したらしいです。

 

燃料はベンジンで、おき火状態で聖火を保存できるようにすることで、

 

聖火を灯したまま輸送したようです。

 

↑引用元:「2020年東京五輪に参加するために読む本」日本文芸社

 

豆知識、いかがでしょうか?

 

東京オリンピックに参加したい!

 

聖火ランナーになりたい!

 

そう思っている方は、その熱い熱い想いを、書き留めておくといいですよ!

 

朝ドラ「ひよっこ」での聖火リレーの話で、ここまで調べてみましたが、

 

面白いですね!

 

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る





スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール