back number(バクナン)ライブツアー2017に行ってきました!③@2017/4/9横浜アリーナ

全国を回る、バックナンバーの2017年のツアー!

 

好評ですね

 

実際、良かったし。

 

back number(バクナン)ライブツアー2017セットリスト公開!①@2017/4/9横浜アリーナ

 

back number(バクナン)ライブツアー2017セットリスト公開!②@2017/4/9横浜アリーナ

 

 

の続き。



 

「ハッピーエンド」の後、MCが

 

ゆるキャラと小島和也さん(ベース)の話になって、

 

私、よく知らなかったのですが、ゆるキャラとよく写真撮っているのかな?

 

で、「横アリくん」と写真を撮った・・・という話に。

 

その横アリくんに入っていたのは・・・

 

和也さんだった!!

 

というオチが伝えられると、オーディエンスが沸いて!

 

そうですよね。

 

メンバーが、ゆるキャラに入っていたら、沸きますよね。

 

ゆるキャラに入っている人について、和也さんと栗原寿さん(ドラム)が話していると、

 

「ゆるキャラに入ってる人なんて、いないでしょ?」

 

と依与吏くんが入ってきて(笑)

 

オーディエンスが笑う

 

最後は、ちゃんと笑いを取りに来るのは、依与吏くんなんですね。

 

有名な話なのかわからないですが、

 

依与吏くんは、元々、お笑いに興味があったらしく、

 

彼女をバンドマンに取られたので、バンド活動を始めたそうで。

 

フラれた自分は、back number(型遅れ)だから、という意味で、

 

このバンド名に。

 

え~

 

面白いエピソードですね。

 

 

【セットリスト】

 

1.はなびら

 

2.高嶺の花子さん

 

3.003

 

4.そのドレスちょっと待った

 

5.花束

 

6.クリスマスソング

 

7.fish

 

8.黒い猫の歌

 

9.アップルパイ

 

10.MOTTO

 

11.SISTER

 

12.幸せ

 

13.助演女優症

 

14.恋

 

15.ハッピーエンド

 

16.君の恋人になったら

 

17.光の街

 

18.stay with me

 

19.繋いだ手から

 

20.青い春

 

21.スーパースターになったら

 

(アンコール)

 

22.世田谷ラブストーリー

 

23.日曜日

 

24.海岸通り

 

スポンサードリンク

16曲目、「君の恋人になったら」

 

この曲は、ベストアルバム「アンコール」からではなく、

 

シングル「ハッピーエンド」のカップリングの曲。

 

この曲が始まる前に、寿さんが、

 

「後半戦行くぞ~

 

用意はいいかい???」

 

みたいに、オーディエンスを煽って。

 

みんな、盛り上がった

 

17曲目、「光の街」

 

誕生日とかクリスマスとか

カレンダーに載ってる日も確かに大切なんだけど、

実際後で思い出すのは何でもない一日の、

何でもない場面だったりする。

人生のハイライトなんて実は休日じゃなくて、

意外と火曜日あたりに来るのかもね。

ん?ああでもこれ休日の歌か。

 

 

この幸せな日常の歌・・・

 

いいですね~

 

「こんなにも救われている僕」って、いいなぁ。

 

自分も、相手にとって、救いになるくらいの存在になりたいなと思いますね。

 

憧れる!

 

相手の“救い”になることを。

 

自分を磨いて、成長して、優しい気持ちを忘れずにいようと思う。

 

 

18曲目、「stay with me」

 

雨に打たれるあなたに光を。

曇りひとつない想いに祈りを。

本当は、私にあなたを。

 

女性の切ない気持ちを代弁してくれる歌ですね(涙)

 

恋愛って、上手くいかないことだらけで、

 

難しいよなぁ・・・

 

依与吏くんの彼女は、大切にされているんでしょうか?

 

こんなに女心がわかるんだもんね。

 

でも、それとこれとは違うのかなぁ。

 

うーむ。

 

 

19曲目、「繋いだ手から」

 

自分がどれだけ不幸かには敏感でも、

自分が今どれだけ幸せかには結構鈍感なもの。

特に「バカな男」と呼ばれる種族には、

一生付きまとう悲しい性なのでしょう。

 

この曲、男性目線で書かれていますが、

 

同じこと、女性にも言えるのではないかなぁ。

 

出会った時の気持ちを凍らせて取っておけたら・・・と思うことありますよね。

 

でも、時間が経って、好きなところが増えたり、そんなこともあって。

 

逆に、絶対に許せないところが見つかって、葛藤したり・・・

 

いろいろありますよね。

 

でも、「好き」な気持ちで、全部よくなっちゃうのかなぁ。

 

 

20曲目、「青い春」

 

様々な物事の成り立ちや理由を知り、許す事を覚え、葛藤する力が奪われて行く。

それに気付いた時にどうするかで、きっと色が決まるんだと思う。

出来れば俺は、青いままでいたい。

 

青い春=青春

 

・・・という解釈でいいのかな。

 

葛藤とか、青春には付き物で、つらいけれど乗り越えていくしかないんですよね。

 

誰もが経験しているから、胸に響きます。

 

 

21曲目、「スーパースターになったら」

 

この曲を始める前に、依与吏くんが、

 

「迎えに行くからね~!!」

 

と言ってくれて。

 

この曲は、羽生結弦選手も好きみたいです。

 

“スーパースター”は、誰もが憧れますよね。

 

すごい自分になって、もう一度会いたい・・・

 

そんな人、いませんか?

 

音楽を始めたあの日、

本当はこんなふうに歌いたかった。

9年もかかったけど、

もう何も間に合わないけど、

やっとたどり着いた最初の歌。

 

曲の最後の方で、依与吏くんが、

 

「愛してるよ~~~!!」

 

と2回叫びました(嬉)

 

ここで、本編は終わり。

 

メンバーが、手を振って。

 

それに応えるオーディエンス。

 

ここから、アンコールを求める拍手が

 

沸きました~~~

 

 

アンコール!22曲目、「世田谷ラブストーリー」

 

どこのMCで話したのか、忘れてしまったのですが、

 

依与吏くんが、真面目な話をしました。

 

自分たちのことを、スタッフだったり、関係者だったりが諦めてしまっていたら、

 

こんな大きい会場でライブをすることはなかったと。

 

「もともと、欲のない3人です」

 

と言っていました。

 

「いい曲書いて、いい詞を書いて、練習して、頑張ります!」

 

と。

 

真面目な人なんだなぁと思いました。

 

ラジオを聞いた際には、調子に乗っているのかと思いましたが、

 

謙虚に謙虚に、努力している3人なんですね。

 

なんか、泣けました(涙)

 

片想いでも、言えなくても、馬鹿みたいにダサくても、

僕はこれをラブストーリーと呼びたい。

スポンサードリンク

 

この歌も可愛いなぁ。

 

好き好き。

 

ライブで聞いて、もっと好きになりました。

 

終電に間に合うように送るようなヘマはもうしないからさ~~~

 

可愛い

 

23曲目、「日曜日」

 

この曲をやる前に、依与吏くんが、次の曲がこれだと忘れていて(汗)

 

即興で、「火曜日」という曲をやりました(笑)

 

自分よりも幸せにしたい人がいるなぁ、と思えた時に、たぶんその人も自分の事をそう思っているんじゃないかなぁ、と思えたら、探しものはもうやめた方がいいんだろうね。たぶん。

 

 

こういう曲を書くから、清水依与吏さんは、既婚説が出てしまうんじゃないでしょうか?

 

ほのぼのとしたいい曲

 

 ラスト!24曲目、「海岸通り」

 

この曲は、アルバム「逃した魚」の中の1曲。

 

この「逃した魚」は、インディーズ時代のデビューアルバムです。

 

みんなで盛り上がって盛り上がって。

 

最後、バンドメンバー皆で、手を繋いで挨拶。

 

その後、舞台の端から端まで、手を振ってくれて。

 

めっちゃ手を振りましたよ~~~

 

バイバイ!

 

またね!

 

また会いにいくね!!

 

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

【関連記事】

 

back number(バクナン)ライブツアー2017セットリスト公開!①@2017/4/9横浜アリーナ

 

back number(バクナン)ライブツアー2017セットリスト公開!②@2017/4/9横浜アリーナ

 

清水依与吏(バクナン)の熱愛相手はaiko?既婚者という噂も?
 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です